【2023年最新】冬キャンプの寒さ対策はこれで解決!寒くても眠れる!

CB缶とOD缶の違いとメリットデメリット!燃焼時間も解説!

キャンプや登山には絶対必要な「火」!

シングルバーナーを持っていない人はいないと思います。

シングルバーナーの燃料源には「CB缶」と「OD缶」がありますが、それぞれの良いところ悪いところを解説していきます!

かめ
かめ

消耗品なのでできるだけコストを抑えたい!

CB缶とOD缶どちらがおすすめ?

CB缶とOD缶はどちらにも良さがあります。

まずは、簡単にどんな人にどちらがおすすめなのかを解説します。

「CB缶」がおすすめの人

• 汎用性の高い缶が欲しい

• バーナーやコンロで簡単に料理をしたい

• 安い燃料は欲しい

• ホームセンターやコンビニも売ってるので入手し易い

「OD缶」がおすすめの人

• 強い火力が欲しい

• アウトドア用品はOD缶を使う製品が多い

• 寒い時期でもキャンプがしたい

• コンパクトな燃料が欲しい

簡単なイメージですが、CB缶は初心者、OD缶は中級者が使っていることが多いです。

デメリットはそれぞれ逆に考えて貰えばいいので、記載は割愛します。

CB缶は「Cassette Gas Bombe(カセットガスボンベ)」

CB缶のサイズは2種類

• 120g(ミニサイズ)

• 360g(よく見かけるサイズ、OD缶の中サイズ程度の容量)

カセットボンベなど、日常生活の中でも使い易い燃料です

色々な機器で使用できるので、家でもキャンプでも持ち物を減らしてい人にはおすすめ。

定番のイワタニ製CB缶はこちら。

寒冷地でも使える万能CB缶はこちら。

あまり街では見かけませんが、荷物を少しでも少なくしたい人はジュニアサイズも検討してください。

OD缶は「OutDoor(アウトドア)」

OD缶のサイズは3種類

• 110(小)サイズ

• 250(中)サイズ

• 500(大)サイズ

アウトドア缶という名前の通り、キャンプでしっかり火力を出すための燃料です。

燃料のサイズ展開も110g〜500gと幅が広いので様々な用途に使えます。

安心のイワタニ製で、一番使い勝手のいい「中サイズ」はこちら。

レビュー件数最多の実績!コールマンの定番「中サイズ」はこちら。

CB缶とOD缶の価格を比較!

メーカーによって値段は違いますが、有名なメーカー(イワタニ)での比較を行なっていきます!

CB缶OD缶110サイズOD缶250サイズOD缶500サイズ
価格350円450円650円1,000円

一般サイズの価格は大体500円前後です。

OD缶500サイズは250の2倍なので250を2個買うよりかは若干お得になります。

価格だけで見るとCB缶が圧倒的にコスパがいいので、燃料にあまり費用をかけたくない人はCB缶が使える機器を揃えていくのがおすすめです!

CB缶とOD缶のサイズを比較!

CB缶OD缶110サイズOD缶250サイズOD缶500サイズ
サイズ7×20cm9×7cm9×8.5cm9×15cm

横幅で見るとCB缶が一番短く、縦で見るとCB缶は一番長いです。

OD缶はどのサイズも横幅は同じになります。

容量が上がれば比例して大きくなるので、ソロキャンプや2人キャンプの人はOD缶110サイズかOD缶250サイズがおすすめです。

CB缶とOD缶の重量を比較!

CB缶OD缶110サイズOD缶250サイズOD缶500サイズ
重さ360g100g230g470g

重さとガスの量は比例していきます。

汎用性の高いCB缶はOD缶の中サイズ程度は持ちます。

CB缶とOD缶の燃焼時間を比較!(強火とした場合)

CB缶OD缶110サイズOD缶250サイズOD缶500サイズ
燃焼時間60分30分60分120分

目安ですが、強火で使用した場合は図のようになりました。

強火で使うことはあまりないと思うので、中火で使えば2倍の時間使えそうな感じです。

どのサイズがおすすめかは、こんな感じ。

OD缶110サイズソロで日帰り、または一泊
CB缶2人で一泊または2泊
OD缶250サイズ2人で一泊または2泊
OD缶500サイズ2人以上で2〜3泊

寒い時期にアウトドアをするなら、OD缶!

暖かい季節ならCB缶がコスパが良さそうです。

機器と燃料は同じメーカーを使うのが基本

イワタニの機器にはイワタニのCB缶(OD缶)を使用するよう取説に記載があります。

他のメーカーもそうですが、安全のためにも同じメーカーで揃えていくことが無難です。

しかし、差し込み口は規格で同じなので併用はしていけます。

同じメーカーの燃料を揃えようと思えば色んな種類の燃料を持たなくてはいけません。

自己責任にはなりますが、イワタニやSOTOなどの有名メーカーなら併用しても大丈夫そうです。

まとめ | こだわりがない人はCB缶一択!

この記事では「CB缶とOD缶の違いとメリットデメリット!燃焼時間も解説!」を解説してきました。

一番いいのは違うタイプの燃料を両方持つことだと思います。

冬場にCB缶が着火しない時だけOD缶を使う運用が一番効率の良い使い方かなと思います!

おすすめCB缶

定番のイワタニ製CB缶はこちら。

寒冷地でも使える万能CB缶はこちら。

小さいサイズはこちら。

おすすめOD缶

一番軽量でソロ向きの110サイズ(小)はこちら。

2人でのアウトドアなら250サイズ(中)がおすすめ!

2人以上のアウトドアなら大容量500サイズ(大)がおすすめ!

購入前に読んでほしいお得情報
安く買えるお得情報

Amazonの購入はチャージがおすすめ!

アマゾンでの購入はチャージがおすすめです。

チャージする際にクレジットカードなどで決済することでポイントが貯まります。

現金利用では貯まることのないものなので、是非活用してください。

Amazonチャージはこちら

Amazonプライム会員になると翌日配送無料!

Amazonで1つでも物を購入するならAmazonプライムの会員になることをおすすめします。

アマゾンプライム会員は月額500円かかりますが、500円以上のサービスがついてくるので間違いなくお得です!

主な特典は以下の通りです。

サービス特典
無料配送対象商品のお急ぎ便、お届け日時指定便が無料に
特別取扱商品の取扱手数料Amazonプライム対象商品は、一部特別取扱商品の取扱手数料が無料
Prime Video会員特典対象の映画やTV番組が追加料金なしで見放題
Prime Videoチャンネルスポーツ中継など月額定額料金で各チャンネルを視聴
Prime Music追加料金なく、200万曲の楽曲やアルバム、プレイリストを広告の表示なし
Amazon PhotosAmazon Driveに写真を容量無制限で保存可能
Amazonフレッシュ生鮮食品から日用品まで、まとめてお届けするサービス
Prime Try Before You Buy服、靴、ファッション小物の対象商品を、購入する前に試着できる
プライム会員限定先行タイムセールタイムセールの商品を、通常より30分早く注文できる
Prime Reading対象のKindle本(雑誌、マンガ、Kindle Singlesを含む)が読み放題
ベビー用おむつとおしりふきの15%OFF割引おむつとおしりふきが定期おトク便で15%OFFになる特典
Prime GamingTwitchをご利用のプライム会員は、プライムアカウントと紐づけると、毎月Twitch.tvで無料ゲーム・コンテンツ、1件の無料チャンネル登録を取得
家族と一緒に使い放題プライム会員は、同居家族を2人まで追加して特定の特典を共有可能
プライム限定価格一部の対象商品を、プライム限定価格で購入可能

Amazonプライム会員になる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です